相談できる代理店石原保険サービス
TEL 042-763-4090 ・ FAX 042-763-3132
e-mail:fuji@tourist-ishiharahoken.co.jp



HPTop






  Drディーンの知恵の輪

相談@ 路外事故無過失主張
相談者(Kさん)
片側一車線の道路(中央線白色)を走行中に、左側にあるパチンコ店の駐車場からいきなり飛び出して来て、私の車の後部に衝突しました。
相手は「行けると思った。」と言うだけで謝りもしません。
後日、相手の保険会社から電話があり、私にも過失があると言われ、保険会社を教える様、言われました。でも私は納得できません。
どうしたらいいですか。アドバイスお願いします。

  Drディーン回答

 @保険会社に任せる。
 A自分で交渉する。
 B弁護士特約を利用する。

 @を選択した場合は、すんなり基本過失割合で終わりです。20対80
 Aを選択した場合は、交渉は難航しますが、納得いくまで戦えます。
  但し、立証義務はあなたにあります。
  納得いく結果が得られるとは限りません。
  徒労に終わる場合もあるので要注意
 Bを選択した場合、訴訟などに発展して時間ばかり掛かり満足の
  いかない場合もあります。但し、弁護士が入る為、急な飛び出しの立証ができれば修正要素を勝ち取ることはありえます。0対100は難しい。

 時間と暇があるのならA、ないのなら@、Bではないですか。
 ※路外事故の基本は、相手車が道路に進入しかかっている状態で
  あって、衝突した場合を前提にしています。
  急な飛び出しの場合は修正要素が十分考えられます。
  頑張って下さい。

相談A 進路変更事故
相談者(Sさん)
片側二車線道路の第二通行帯を走行中、左側からタクシーに当てられました。
相手は進路を変更しようとしたが、ハンドル操作の誤りで当たってしまったと言う事です。
相手保険会社の言い分は、70対30で、私にも過失があるという事です。
理由を聞くと、判例タイムズの基本が70対30という事ですが、本当にその割合でいいのですか。

Drディーン回答

車線変更の基本過失割合は、30対70です。
本件は、車線変更ですか?車線変更ではないように思われます。
車線変更とは、車線を変更する車両が前にいて変更する場合を言います。本件の場合は相手は先行車両ではなく、車線をはみ出しで衝突したのだからハンドル操作の誤りです。もう一度、事故発生原因を調べて相手保険会社と交渉してみてはいかがでしょう。
事故発生原因は交渉材料になりますので、交渉を有利に運べますよ。

会 社 概 要

個人情報保護方針


損保のことなら
あいおいニッセイ同和損保


生保のことなら
三井住友海上
あいおい生命




聞きたい事
解らない事
その他ご質問
があればこちらまでお問い合わせください。


お問い合わせ



HPTop








神奈川県知事登録旅行業第3-713号
有限会社フジツーリスト
あいおいニッセイ同和損保(株)
代理店 石原保険サービス

 
FujiTourist-ishiharahoken LimitedCompany 2001
営業時間 月〜金(9:00〜18:00)
定休日 日曜、祝日、土曜日、年末年始、お盆期間